• HOME
  • ブログ
  • 俺物語!(10)~土木1年 立花さんが入学するまで~

ブログ

BLOG

コラム

俺物語!(10)~土木1年 立花さんが入学するまで~

2022.06.13

年度が変わり、新しい学生が入ってきました!

第10話は環境土木工学科1年立花咲月さ(千歳高校出身)にお願いしました。


普通高校で、しかも女子・・・

いったいどこで土木の世界に興味を持ったのか??

お話を聞きました。

 

↑レベルという測量機のピントを合わせている立花さん

 

事務局亀田(以下、亀):土木を目指したきっかけは何ですか?

 

立花(以下、立):高校3年生の夏に、北海道開発局のインターンシップに参加したことです。(※北海道開発局とは、国家公務員の技術職です)

 

亀:高校に案内が来ていたの?

 

:いえ、母が非常勤として開発局で働いていて、そういうのやってるって教えてくれました。
第1希望は母がいる河川事務所だったんですけど、希望が通らなくて、第2希望の道路事務所になりました。

 

亀:インターンどうだった?

 

:土砂災害を復旧する現場に行ったんですけど、都市開発とか、道路の仕事もいいなーと思いました。

 

亀:仕事内容を知って、人の役に立つ仕事って感じたのね!
札幌工科を見つけたのは?

 

:高校は普通科だったので行政職の公務員を受けたんですけど、それは落ちたので、
それから公務員になれる学校をネットで探したら、この学校を見つけました。

 

亀:行政は倍率高いからね。
他の学校とも比べたのかな?

 

:日本工学院と大原も見ました。
日本工学院は場所がネックで・・・、大原は警察や行政職のイメージだったので、
技術職公務員に行ってる実績を見て札幌工科に決めました。

 

亀:技術職に決めたのね。

 

:この学校に決めてから、インターンシップでお世話になった古城さんに電話したら、
古城さんが札幌工科の卒業生で、しかも同窓会長をやってるって聞きました。

 

亀:それで出願の時、推薦書を書いてもらったんだよね。
(※在校生・卒業生の推薦で、特例入学Ⅲという授業料一部免除があります!)
入学して約2ヶ月、今年の土木1年生は紅一点だけど大丈夫?

 

:特に気にならないです。
クラスは楽しい人ばかりで、先生は女子にやさしいです(笑)

 

亀:初めてのテストはどうだった?

 

:高校に比べて簡単に感じました。
自分の興味あることだから吸収しやすいですね。

 

亀:これから頑張りたいことは何ですか?

 

:まずは勉強、クラス1位を目指したいです。
あと皆勤賞も!

 

亀:おおお。
優等賞は授業料免除になるからぜひ頑張ってね!

よくあるご質問

お問い合わせ

資料請求