• HOME
  • 国の修学支援新制度

国の修学支援新制度

FUNDING

国の修学支援・新制度

高等教育の修学支援新制度とは?

学習意欲があるにも関わらず、経済的な理由で進学が困難なご家庭へ
「授業料等減免」「給付型奨学金」により、教育費負担を軽減する制度です。

支援の対象者は?

住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生

年収の目安 住民税非課税世帯
270万円未満
それに準ずる世帯
270~380万円未満

※上記は両親、本人、中学生の4人世帯の場合の目安であり、世帯年収の基準は家族構成により異なります。

支援の金額は?

世帯年収により応じて支援額が決まります。

支援額の上限
(年額)
①授業料及び入学金の減免
授業料59万円 
入学金16万円
②給付型奨学金
自宅通学46万円/年 
自宅外通学91万円/年

※住民税非課税世帯に準じる世帯の学生には、上記の2/3、1/3の額が給付されます。

具体例

条件

環境土木工学科(2年制) 
特例入学Ⅳ 
支援区分Ⅰ(満額) 
自宅外から通学

①:1年次「正規の学費」

入学金 150,000円
授業料(特例入学Ⅳ適用) 320,000円
実習・維持・施設費 400,000円
教科書・教材・諸経費 230,000円
合 計 1,100,000円

②:2年次「正規の学費」

   
授業料(特例入学Ⅳ適用) 320,000円
実習・維持・施設費 400,000円
教科書・教材・諸経費 150,000円
合 計 870,000円

③:1年次「修学支援」

入学金減免(満額) 150,000円
授業料減免(満額) 320,000円
給付型奨学金 909,600円
合 計 1,379,600円

④:2年次「修学支援」

   
授業料減免(満額) 320,000円
給付型奨学金 909,600円
合 計 1,229,600円

自己負担額

正規の学費
1,970,000円
(①+②)

修学支援
2,609,200円
(③+④)

=

2年間で639,200円を生活費等に充てることができます!!

※上記は支援を受けられる最大の金額です。

※貸与型奨学金とも併用できます。

※上記は2020年入学生の実績です。年度により教科書・教材・諸経費は若干の変更があります。

自分の自己負担額がいくらになるか知りたい場合は、本校事務局(TEL:011-791-5050)までお問い合わせください。

申込時期と方法は?

4月頃まで 自分が対象となるか調べてみる。

4・5月頃 「対象かも」と思ったら、高校等から関係書類をもらって、インターネットでJASSO(日本学生支援機構)に申込み。(予約採用)

審査結果の通知がJASSO から高校等を通して本人に通知される。

4月頃 入学後、JASSO へ進学届を提出し、給付型奨学金の受給を開始。
進学先で授業料等減免の申込み。

もっと詳しく知りたいときは(関係リンク)

文部科学省 高等教育の修学支援新制度

文部科学省 高等教育の修学支援新制度

(独)日本学生支援機構 奨学資金シミュレーター

(独)日本学生支援機構 奨学資金シミュレーター

よくあるご質問

お問い合わせ

資料請求