理事長・校長・沿革

MESSAGE & HISTORY

理事長 常松 哲

理事長
農学博士

常松 哲TSUNEMATSU SATOSHI

「やる気」「根気」「努力」
この3つがあればキミの将来は大きく変わる!

本校は昭和56年に設立されてから40年を迎えました。開校以来、親切・丁寧・分かりやすい教育を実践し大きな教育効果を上げるとともに、社会に有意な人材を送り続けています。

さて、8年前に発生した東日本大震災を契機に、強靭な国土の形成が急務であることとあわせ、老朽化したトンネルや橋等による事故の懸念が叫ばれています。また、熊本地震や胆振東部地震を受け、改めて社会資本の整備や環境保全など建設関連分野の必要性が見直され、若い土木技術者や緑地技術者の育成が要望されています。一刻も早い復興を願うとともに、このような情勢の中本校の担う役割は極めて重要であると認識しております。

本校の建学の精神は、「剛毅不屈・自主創造」であり、何事にも屈しない強い精神力と広い視野にたって自主性、創造性に富んだ技術者を養成することです。

専門学校での生活は、社会に出るための準備期間であり豊かな心と確かな技術を身に付ける場です。この与えられた期間を3C「チェンジ・チャンス・チャレンジ」の精神で勉強に励んでください。本校の教職員は一致団結してサポートしていきます。

校長 三上 敬司

校長
工学博士

三上 敬司MIKAMI TAKASHI

本校は国土強靭化の
国造りの担い手を育む

昨年9月、台風によって多くの木々や送電線が倒され、道路を遮断したり停電したりする被害がありました。その数日後には震度7の北海道胆振東部地震が起き、厚真町では土砂崩れによって多くの犠牲者が出ました。札幌市東区では道路が歪み、清田区では液状化現象によって家屋や道路に大きな被害がありました。さらに、北海道全体がブラックアウト(停電)になり、水道が使えなくなった地域もありました。

日本は災害の多い国です。造園・林業関係者ら、土木関係者らは被害にあった個所を復旧するために、誰よりもいち早く現場に駆け付けて作業しました。これらの業種は、IT関係に比べて派手さはないものの、日本の国造りや国民の生活、生命を守る大事な仕事なのです。

本校は国土強靭化の国造りの担い手とした中堅技術者を育成する、道内唯一の土木・緑地系を有する専門学校です。土木系では社会基盤を構築する技術者として、緑地系では自然環境を構築する技術者として活躍する人材を実践的に育成しています。

2年制学科は、そのきめ細かい指導、質の高い教育内容によって、文部科学省から職業実践専門課程の認定を受けています。また、国家資格の指定校・認定校として、測量士補、樹木医補、自然再生士補等の高度な専門資格の取得を可能としています。1年制学科は、取り分け企業側から資格の早期取得による即戦力を期待されています。

卒業後の進路は、民間企業、公務員、国公立大学3年次編入学など、確実な進路決定を進めてきました。特に、公務員試験には毎年多く合格者を輩出させている実績があります。

本校で学ぶことによって、「多くの資格を取得し、未来を切り拓き、国土強靭化の国造りの担い手になる!」と言う目標を、札幌工科専門学校に入学すると確実に実現できます。

History

沿革

1978昭和53年4月

札幌土木技術学院を創設。土質実験講習会を開催する。

1980昭和55年11月

学校教育法第82条の8の規定により専修学校制による専門学校として
土木施工管理学科(修業年限1年、定員40名)の設置を知事より認可される。

1981昭和56年4月

札幌土木技術専門学校の開校および入学式を挙行する。

1983昭和58年3月

学則変更により土木工学科(修業年限2年、定員80名)の設置を認可される。

1987昭和62年12月

造園工学科(修業年限2年、定員80名)の新設と、札幌工科専門学校への校名変更を認可される。

1992平成4年9月

土木工学科を建設システム学科に、造園工学科を花と緑の学科に、学科名変更を認可される。

1993平成5年12月

学校法人常松学園の設立が知事より認可される。

1997平成9年12月

土木・造園施工管理学科(修業年限1年、定員30名)の新設を認可される。

1998平成10年4月

測量法による「測量に関する専門の養成施設」に指定される。(建設大臣)

2002平成14年4月

環境土木工学科、環境緑地工学科、測量情報科、環境土木・緑地施工管理科に改称。

2004平成16年8月

測量専門養成施設として国土交通大臣登録される。(環境土木学工学科、測量情報科)

2006平成18年5月

(財)日本緑化センターより樹木医補資格養成機関として登録される。(全国私立専門学校初)

2015平成27年2月

職業実践専門課程として文部科学大臣に認定される。(環境土木工学科、環境緑地工学科)

2016平成28年4月

造園緑地科、環境土木・造園施工管理科に改称。

2017平成29年8月

(財)日本緑化センターより自然再生士補養成機関として登録される。

よくあるご質問

お問い合わせ

資料請求