• HOME
  • ブログ
  • 俺物語!(11)~土木1年 中野くんが入学するまで~

ブログ

BLOG

コラム

俺物語!(11)~土木1年 中野くんが入学するまで~

2022.06.20

もうひとり土木から、

第11話は環境土木工学科1年中野陽向く(別海高校出身)にお願いしました。


彼も普通高校出身だけど、いったいどこで土木の世界に興味を持ったのか??

お話を聞きました。

 

↑地面の高低差を読んでいる中野君

 

事務局亀田(以下、亀):土木を目指したきっかけから教えてください!

 

中野くん(以下、中):TVで震災のニュースを見たことです。もともと防災に興味があったんですけど。
厚真の地震で、家とかが崩れてしまったのを見て、可哀想って言ったらあれなんですけど・・・
そうならないように、未然に防げたら良いと思いました。

 

亀:もともと防災に興味があったのは、どこからの影響?

 

:最近地震が多いし、TVで○年に1度の大地震とかの話題があったり、学校でも習ったりですね。

 

亀:あ、道東の方は地震が身近に起こるもんね。

 

:そうです。
だから防災施設をつくるのが良いんじゃないかと思いました。
そのためにはどんな仕事があるか調べていたら、父から公務員に技術職があることを教えてもらいました。

 

亀:お父さんは技術職公務員ではないの?

 

:いえ、公務員なんですけど一般のほうです。

 

亀:なるほど。
札幌工科のことはどこで知りましたか?

 

:高校3年の5月くらいに、担任の先生から聞きました。進路に詳しい先生で。
最初は一般職の公務員を希望してたんですけど、技術職になるなら、土木に関するエキスパートになれて、資格が取れるので、ここが良いって。

 

亀:技術職には「資格」が大事って考えたんだ?

 

:そうですね。
資格があることによって就職に影響があるし、仕事をするときにちゃんと理解して人に指示ができると思います。
大学とも比べたんですけど、大学は一般科目もたくさんあるので、それよりは土木に関することを2年間で集中してしっかり学べる専門学校を選びました。

 

亀:高校時代、数学とか理系は得意な方だった?

 

:数学はある程度できる方で、好きです。
理科はなんというか、中の上くらい・・・かなぁ。
やっぱり数学ができないと、測量や構造力学がむずかしくなります。

 

亀:札幌工科の難易度はどう?

 

:難しいです。
難しいけど、頑張ればついて行けます。
わからない所は高専から来たクラスメイトに聞いたりしています。

 

亀:これまでの授業で印象に残ってることや、初めて知ったことは?

 

:うーん・・・
「測量テープ」って言葉が「巻き尺」の意味だったこと。テープと言ったらセロハンテープのイメージでした。
あとは、うーん・・・(しばらく考える)

 

亀:すぐに浮かばないかな?
例えば、『定数』←これ何て読むか習った?

 

:あ、『じょうすう』ですよね。
そういう業界用語とか、機械の名前とか、値段も初めて知りましたね。

 

亀:そうそう、数学では『ていすう』だけど、測量業界では『じょうすう』なんだよね。
最後に、これから頑張りたいことは何ですか?

 

:技術職公務員になるために、しっかり土木施工管理技士と測量士補の資格を取りたいです。
あと、自分はコミュニケーションがあんまり得意ではないので、もうちょっと人と喋れるようにしたいです。

 

亀:え、ほんと?
すごい上手に喋れてると思うけど・・・。
今日はどうもありがとう!

よくあるご質問

お問い合わせ

資料請求