入学案内 For Admisssion
募集要項・学費
設置学科
学科 修業年限 定 員
環境土木工学科 2年(昼間) 男女25名
造園緑地科 2年(昼間) 男女20名
測量情報科 1年(昼間) 男女10名
環境土木・造園施工管理科
環境土木コース・造園コース
1年(昼間) 男女10名

応募資格
高等学校卒業者(卒業見込みを含む)、又はこれと同等以上の学力を有すると認められる者で、性別・年齢を問いません。

募集期間
平成28年10月1日より平成29年3月22日(必着) まで。但し、定員になり次第締切ります。

出願書類

■一般入学(平成29年3月高等学校卒業見込の者)
入学志願票・成績調査書(最終学校)・受験料(1万円 ※、但し体験入学参加者は免除)

■社会人入学
入学志願票・成績調査書(最終学校)・健康診断書・受験料(1万円 ※、但し体験入学参加者は免除)

■企業委託生入学
入学志願票・成績調査書(最終学校)・企業推薦書・健康診断書・受験料(1万円 ※、但し体験入学参加者は免除)、雇用保険者証写し(内定者は内定通知書)


※受験料については、出願年度の出願前に体験入学に参加した者は免除します。


出願方法
(1)郵送による出願の場合は、出願書類とともに受験料(郵便為替)を同封し、書留郵便で送付してください。
(2)持参による出願の場合は、出願書類に受験料を添え、本校事務局に提出してください。
受付時間9:00〜17:00 (土曜日は15:00まで。休校日は受付できません。)

選考方法
■一般入学
入学志願票・成績調査書及び学力検査(数1の基礎的問題)・作文(800字程度)・個人面接により選考します。

■社会人入学
入学志願票・成績調査書及び学力検査(数1の基礎的問題)・作文(800字程度)・個人面接により選考します。

■企業推薦入学(企業委託生)
公共団体や建設業などの企業に在籍し、企業委託生として入学を希望する場合は、企業推薦書(本校にお問い合わせください)および学力検査(数1の基礎的問題)・作文(800字程度)・個人面接により選考します。

■選考日
特別奨学生試験を含めて、次の期日に選考試験を実施します。
●試験日  

〈本校会場〉
平成28年10月22日(土)・11月19日(土)・12月17日(土)
平成29年1月21日(土)・2月25日(土)・3月11日(土)・3月25日(土)

〈地方会場〉
平成28年10月23日(日)・11月20日(日)

●場所   本校または下記4ヶ所から希望地を選択
旭川市、帯広市、北見市、函館市
●時間   本校試験会場/13:00〜
地方試験会場/会場・時間については改めて連絡します。
●願書締切日   本校会場希望者/試験日の3日前必着
地方会場希望者/試験日の10日前必着
●合格発表   選考試験日から10日以内に、本人宛に通知します。

併願制度
本校の他に大学を併願受験される方は、本校所定の用紙に記入の上、願書と一緒にお出しください。併願校の合格発表があるまで入学手続きの延期ができます。(入学金を含むすべての学費の納入を保留できます。)

学費

■環境土木工学科/造園緑地科

  1学年 2学年
第1期 第2期 第3期 第4期 第1期 第2期 第3期 第4期
納入期限 入学手続き時 3/31迄 6/30迄 9/30迄 12/31迄 3/31迄 6/30迄 9/30迄 12/31迄
入学金 150,000                
授業料   100,000 100,000 100,000 100,000 100,000 100,000 100,000 100,000
実験・実習費   30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000 30,000
維持費   20,000 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000
施設拡充費   20,000 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000
小計 150,000 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000
合計 830,000 680,000
2年間合計 1,510,000

■測量情報科/環境土木・造園施工管理科

  1学年
第1期 第2期 第3期 第4期
納入期限 入学手続き時 3/31迄 6/30迄 9/30迄 12/31迄
入学金 150,000        
授業料   100,000 100,000 100,000 100,000
実験・実習費   30,000 30,000 30,000 30,000
維持費   20,000 20,000 20,000 20,000
施設拡充費   20,000 20,000 20,000 20,000
小計 150,000 170,000 170,000 170,000 170,000
合計 830,000
1. 学費の他、入学直後の費用として教科書、製図用具、作業服等の代金を必要とします(学科によって違います。昨年実績1年次約20〜35万円、2年次15〜20万円)。
2. 合格通知後、2週間以内に入学手続きをしてください。(その際の納入金は入学金のみです。)
3. 入学前に入学辞退を申し出た方には、入学金を除き授業料等は返還します。
4. 納入する学費は全納(1年次分)を原則としますが、2回(前期分・後期分)又は4回(第1期〜第4期)まで分納することができます。詳しくは本校事務局にお問い合わせください。

このページの先頭へ
奨学生制度・その他
本校独自の学費免除制度(返還義務なし)
本校では、学生の経済的負担を軽減し、修学意欲を高めることを目的に、独自の学費免除制度を設け学費の一部を免除しています。但し、特別奨学生、特例入学制度との重複適用は出来ません。(入学後1年次の学習成績・態度を総合的に判断し、特例入学・特別奨学生に相応しくないと思われる場合には、2年目に取り消すことがあります。)
※企業委託生は対象外です。

特例入学制度

下記の特例に該当する場合は、学費等の免除が受けられます。(定員設定なし) 1年制学科は半額です。

■特例入学1
高等学校成績3年間の総合評定または数学平均評定が平均4.0以上の者
(免除額 200,000円)

■特例入学1
建設・造園系資格(測量士補、土木・造園・建築・管工事・建設機械・電気工事施工管理技術検定(学科)試験、造園・室内園芸装飾技能士合格者) を有する者
(免除額 50,000円)

■特例入学1
札幌工科専門学校卒業生又は在校生が推薦する者
(免除額 30,000円)

■特例入学1
保護者の年収350万円以下の家庭の者
(免除額 200,000円)

■特例入学1
社会人又は、大学・短大・専門学校・予備校生
(免除額※70,000円)

1.特例入学123は、重複適用が出来ます。

2.特例入学2は、本校入学決定後(3月31日まで)も適用になります。

3.特例入学44は、平成29年3月高校卒業見込みの者に限ります。

※ご不明な点は、お気軽に本校事務局(電話011-791-5050) までお問い合わせ下さい。


特別奨学生(平成29年3月高等学校卒業見込の者)

平成29年3月高等学校卒業見込みの者で、2年制学科希望者が対象です。希望者を対象に特別奨学生試験(数学1程度)を実施し、選考します。

■第1種特別奨学生(各学科1名)
2年間の学費の内40万円(年額20万円) を免除します。

■第2種特別奨学生(各学科1名)
2年間の学費の内30万円(年額15万円) を免除します。

■第3種特別奨学生(各学科1名)
学費の内20万円(年額10万円) を免除します。
●選考試験日時   平成29年3月4日(土) 13:00
●選考場所   本校

■特待生
入学後、1年次の人物・学業成績が共に優秀で、他の模範となる学生に対し、2年次の授業料(40万円) を全額免除します。但し、特例入学、特別奨学生としての免除はなくなります。(各科1名)

企業委託生制度
企業が職員(内定者を含む) を本校で学ばせる場合、学費授業料のうち年額10万円を免除します。

日本学生支援機構(旧日本育英会奨学生)
高校3年時の成績と保護者の所得により制限があります。貸与の月額は自宅通学53,000円、自宅外通学60,000円で無利子の第1種と3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から希望月額が選択でき、年3%以内の利子が付く第2種があります。募集時期は4月〜5月です。また、専門学校等への進学予定者は高校3年次在学中に予約申込をすることもできます。(高等学校にご確認ください)

教育訓練給付制度
労働者や離職者が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し終了した場合、支払った教育訓練費の一定の割合額(上限あり)をハローワークから支給する制度です。社会人入学の方で、この制度を初めて利用する場合は、2年以上雇用保険に加入している(いた)方が利用できます。
給付額は、対象となる入学金・学費の40%(年間上限32万円)です。又、本校卒業と同時または1年以内に就職した場合には、20%を追加給付されます。尚、本校の指定学科は、測量情報科です。(教育訓練支援給付金の活用も可能です。詳細は、最寄りのハローワークに確認してください。)

緑の青年就業準備給付金
林業への就業を希望し、林業大学などにおいて必要な知識を習得する青年に(就業時45歳未満)、最大150万円/年(最大2年)を給付し、研修等に専念できるようにする仕組みです。研修必要時間1200時間(年間)の内、本校で座学と演習を、残りの時間を北海道から研修機関として認められた先進的林業事業体で研修を行います。(詳細は、本校へお問い合わせください。)

その他の進学ローン
本校ではジャックス提携教育ローンの他、国民生活金融公庫や各銀行等の学費を貸し付けるローン制度を紹介しています。

下宿・アパート
学生会館、下宿、アパートの入居希望者で必要な方には、情報を提供していますのでご遠慮なくご相談ください。

その他

■学割・定期
JR、地下鉄、バスなどの通学定期券の割引のほか、帰省時や就職試験時なども、JRの学割で運賃が割引されます。


■専修学校学生災害保険加校
学生の安全面への配慮として、「専修学校各種学校学生生徒災害傷害保険」に加入しており、実習中のケガや体育時のケガに備えています。


専門士の称号
本校2年制課程の卒業生には、専門士(工業実務専門課程)の称号が付与されます。「専門士」の称号は、共通した基準に基づいて文部科学大臣が認定する学科に付与されますので、その社会的評価と信頼は安定かつ恒久的なものです。